« 「世界 美の旅・フェルメール -静寂のフェルメール- 」 | トップページ | トゥモロー・ワールド »

2008年9月23日 (火)

丹沢・大山

今日は天気予報では晴れ、朝起きたら徐々にだが雲間から青空が覗き始めている。
久々の晴れだから山にでも登り下界を眺めよう、と思い立ち丹沢の大山に行く。

朝急に思い立ったため、チョット遅めのスタートで小田急線の伊勢原駅に降りたのは10時過ぎ。
まぁ、のんびり行きましょう。

   A_

この大山だが東京、横浜からわずか2時間。首都圏からの手軽なハイキングコースとして親しまれている。
が、しかし、昭文社の丹沢ガイドでも中級にランクされている意外と大変なコースである。
30度近い勾配を直登する険しい個所が多数ある。だから子供を山嫌いにするには大山に連れてくると良い、といったジョークもあるらしい。

   A__2

大山阿夫利神社
第10代崇人天皇の頃(紀元前97年頃)の創建と伝えられ、山頂に本社、標高700メートルの中腹に下社がある。
「おおやまづみのかみ」「おおいかづちのかみ」「たかおがみのかみ」を主祭神とし、大山山頂に立つ本社に祀られている。

   A__3

約1時間で山頂に到着。

   A__4

大山阿夫利神社本社

山頂はガスの中で雨降山と言われるのに納得。
「頂上は常に雲霧深く、ややもすれば大いに雲起こり忽ち雨を降らす・・・」と言われたように、相模湾から吹き寄せる湿気を帯びた風が、その山頂に雲を呼び、雨を降らすところから、古来より関東一円の農民には 雨乞い 、豊作祈願の神として知られている。

大山は25年ほど前に一度来ているがその時もガスっていた記憶がある。
当時から山岳会などに所属して山は結構登っているが、丹沢は沢登りの記憶がほとんどである。
特に水無川の沢は本流を含めて幾度か登っている。

帰りは見晴台から二重滝を回り女坂を下る。

  A__5

雨降山 大山寺
天平勝宝7年(755年)、奈良東大寺の別当良弁僧正が開基し、聖武天皇の勅願寺となった古刹。真言宗大覚寺派に属し、京都大覚寺の別院でもあり、通称「大山のお不動さん」と親しまれ、関東三大不動のひとつに数えられている。

久々に山に登りチョット疲れたが、良い汗をかいた今日この頃である。

|

« 「世界 美の旅・フェルメール -静寂のフェルメール- 」 | トップページ | トゥモロー・ワールド »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42582955

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢・大山:

« 「世界 美の旅・フェルメール -静寂のフェルメール- 」 | トップページ | トゥモロー・ワールド »