« 浦賀の道路元票 | トップページ | スモーク »

2008年8月 6日 (水)

ユダの季節

       Photo_3  

ユダの季節(単行本)
佐伯 泰英 (著)

佐伯 泰英氏は時代小説家として有名だが、彼の原点はスペインにある。
1971年より74年までスペインに滞在し、のちにスペインと闘牛を題材にした小説を多く発表しており、スペイン語圏を舞台にした冒険小説や国際謀略小説を中心に良質のミステリー小説を執筆している。
この「ユダの季節」もスペインが舞台である。そして70年代という激動の時代背景が懐かしい。
それにしても佐伯氏の闘牛に関する知識の奥深さには驚かされる。

連合赤軍崩れのテロリスト、熱狂的な右翼、バスク地方のゲリラ、そして謎の秘密結社「オプス・ディ」、生と死の狭間で誇りと名誉のために乱舞する闘牛士たち、その闘牛の迸るような情熱に写真の情熱を重ねた一人の日本人カメラマンが復讐のためにテロリストを追う。
ワタクシは自分でもラテン系気質を持っていると自負している。(小心者だが・・・)
で、こういう本を読む度にスペインに対する想いが更につのるのである。

で、今日の一句
「いつの日か  行ってみたいな スペインよ」おそまつ・・・

|

« 浦賀の道路元票 | トップページ | スモーク »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42090582

この記事へのトラックバック一覧です: ユダの季節:

« 浦賀の道路元票 | トップページ | スモーク »