« Long vacation | トップページ | 野反湖キャンプ場 »

2008年8月10日 (日)

野反湖

Long vacationを楽しむと言ってもリゾートアイランドで豪華に過ごした訳ではない。
単純にキャンプに行ってきただけである。

場所は群馬県は草津温泉の近くで長野県との県境にも近い“野反湖”(のぞりこ)である。
何故ここに決めたか?
第一に景色がよく、第二に過ごし易い気候であることで、また水場が近い所を探していたらここに辿りついたのである。
まぁ、本当は人里離れた渓谷でも良かったのだが何せアクセスが悪い。で条件を絞っていたらこのキャンプ場に決定した次第。

このキャンプ場はあのアウトドア雑誌「BE PAL」が企画した“ほんとうに気持ちのいいキャンプ場”という増刊号で“ニセコキャンプ場”と共に日本一に輝いているのである。

この「BE PAL」なる雑誌は知っていたがワタクシは「岩と雪」や「岳人」といった雑誌を良く読んでいて、たまに「山と渓谷」を読むといういわゆる“山屋”を自負していたわけで「BE PAL」というチョット軽いアウトドア雑誌(スミマセンね、昔は本当にこう思っていたのです)は読むというよりは避けてきたのである。
で、20数年と言う年月が流れ“山屋”も年を取り、お気楽かつリゾート感覚に気持が傾いていくのは自然の流れなのである(まぁ、要は楽をしたい、苦労はしたくないということである)
今では“ほんとうに気持ちのいいキャンプ場”の情報はしっかりチェックしております。

長野原草津口で下車した99%の人々は草津行きのバスに乗る。
野反湖行きのバスに乗車したのは3名である。
のんびりとバスに揺られること約1時間弱で標高1561mの富士見峠(野反湖峠)に着き、はるか彼方に広がる景色が視野に飛び込んできた瞬間息を飲み込んだ。

   A__a

   A__b

まさに“気持いい”景色が目の前に広がっているのである。湖面を取り囲む緑色の山々に白い雲そして青い空が感動的に迫ってくる。
(日本じゃないみたい)と心の中で呟く。
“日本一気持のいい”野反湖キャンプ場に着く。

   A__c

   A__d

|

« Long vacation | トップページ | 野反湖キャンプ場 »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/42180990

この記事へのトラックバック一覧です: 野反湖:

« Long vacation | トップページ | 野反湖キャンプ場 »