« 海の日「東京湾海上交通センター一般公開」 | トップページ | 長距離通勤者の孤独「110周年歴史ギャラリー号」 »

2008年7月22日 (火)

横須賀オリジナル「スカジャン切手」、そしてアーミーシャツの思い出

横須賀をアピールするためスカジャンをモチーフとした「横須賀観光ポスター」がある。
で、今回、この観光ポスターのスカジャン・デザインを切手にしたのが「スカジャン切手」である。

      A_a

「カレーの街よこすか」バージョンが新しく追加されているが、他は「横須賀観光ポスター」と同じデザインである。

まぁ、ヨコスカ・カルチャーの代表は「スカジャン」であることは間違いはないのだが、個人的にはもっとシンプルなデザインを好むので持ってはいない。

でも、もう一つのヨコスカ・カルチャーの代表?であるミニタリールック、特にアーミージャケットやフライトジャケットは好んで着ていた。

最近では「踊る大捜査線」で青島刑事(織田裕二)がブランド物のHOUSTONのM-51パーカーを着ているが、ワタクシ達の頃はドラマ「俺たちの旅」で中村雅俊が着ていた米軍放出品のカーキ色のアーミーシャツにジーパン。そしてゲタ履きのスタイルを真似していたものである。

しかし、最近ではそのミニタリールックもスカジャンもヨコスカの街中ではほとんど見受けられないのがチョット寂しいと感じる今日この頃なのである。

|

« 海の日「東京湾海上交通センター一般公開」 | トップページ | 長距離通勤者の孤独「110周年歴史ギャラリー号」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41942217

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀オリジナル「スカジャン切手」、そしてアーミーシャツの思い出:

« 海の日「東京湾海上交通センター一般公開」 | トップページ | 長距離通勤者の孤独「110周年歴史ギャラリー号」 »