« ご近所探索「横須賀駅」 | トップページ | イル ポスティーノ »

2008年6月29日 (日)

梅雨どきに聴いていた音楽

ワタクシが中学生~高校生の頃はFMを聴くことが流行っていた。
というのも1969年にNHK-FMが、1970年のFM東京が開局され本格的なFM放送が始まったのである。
FM放送専門誌も発行されていたほどで、プログラムをチェックし、好きな音楽を聴いていた。

当時の横須賀ではFM東京とNHK-FMの横浜放送の2局だけが聴けた。
で、この梅雨の時期になると“お決まり”の「雨の歌」リクエストが行なわれた。

その時の定番リクエストは大体下記の歌(曲)である。

①雨にぬれても 

   Photo_2
これはアメリカン・ニューシネマの傑作の一つ「明日に向かって撃て」の主題歌で、B・J・トーマスが歌いヒットした。この歌が流れるポール・ニューマンとキャサリン・ロスの自転車のシーンは有名
http://jp.youtube.com/watch?v=howEAqstkzQ

②シェルブールの雨傘

   Photo_4
1964年 フランス・西ドイツ(当時)合作作品で主演はカトリーヌ・ドヌーヴで、音楽はミシェル・ルグラン。
ミシェル・ルグラン作曲の流麗なメロディと、雨の港町に映える雨傘の色彩や風景などが見事にマッチした名作
http://jp.youtube.com/watch?v=Up7DgD0cgPg

③雨 
カンツォーネの若き歌姫ジリオラ・チンクエッティが1969年にサンレモ音楽祭で歌いヒットした。
http://jp.youtube.com/watch?v=Kj-1XEKILMA

④ 雨の訪問者

   Photo_5
1970年 チャールズ・ブロンソン主演の映画で、音楽はフランシス・レイ。
ヒットしたのは主題曲ではなくて「ワルツ」のほうだった。
http://jp.youtube.com/watch?v=FwF4nCI-wDI
http://mamedama2.cocolog-nifty.com/rockpop_park/2006/04/__e545.html

他には
⑤雨にぬれた朝 キャット・スティーブンス 1971年
⑥雨の日と月曜日は カーペンターズ 1972年
⑦悲しき雨音  ザ・カスケーズ

そして
⑧Have You ever seen the rain(雨を見たかい) 

   Ccr_2
CCR(クリアデンス・クリアウォーター・リバイバル)1971年に発売されたカントリー・ロックの名曲である
http://jp.youtube.com/watch?v=vRWQQ71UpuE
で、この歌が単なる天気の歌ではないと知ったのはその後のことである。
「僕は知りたい。君は見たことがあるだろうか。天気のいい日に降り注ぐ雨を…」
天気の日に降る雨とは・・・?
これは当時、米国がベトナムに撒き散らしていた「ナパーム弾」の隠喩であるという説が広く普及していたのである。故に、米国で大ヒットしたものの、放送禁止になった州もあったそうである。

雨の日は物思いに更けながら、遠い日の音楽に思いを馳せるのも良いものである。

|

« ご近所探索「横須賀駅」 | トップページ | イル ポスティーノ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
バート・バカラック、カーペンターズ、良い
曲ですねぇ。アシは70年代後半からFMを聴き
だしたので、一寸時代が違うなぁと思います。

80年代の「雨音はショパンの調べ」なんてのも
思い出しますね。90年代だと「君に会う日は
不思議なくらい雨が多くて~」チャゲアスかな。

最近はビーチFMとNHK-FMが中心ですけどね。
いや、ものすごいご近所のような気がします。
ではでは。

投稿: えいねん | 2008年7月 2日 (水) 00時08分

こんばんは、えいねんさん。
ワタクシもバカラック好きでしたね。そしてカーペンターズも・・・
「雨音はショパンの調べ」は小林麻美でしたね。

和モノで他には、
雨に泣いてる、柳ジョージ&レイニーウッド
雨の御堂筋、欧陽フィフィ
長崎は今日も雨だった、ク-ルファイブ
雨のバラ-ド、湯原昌幸
みずいろの雨、八神純子
冷たい雨、ハイ・ファイ・セット
なんて歌もあり、昔の歌はヨカッタとシミジミ思います。

投稿: take4 | 2008年7月 2日 (水) 21時03分

雨の西麻布なんてありましたね、とんねるずですが。
今振り返ってみると、昭和歌謡の先生方の楽曲・歌詞は
本当に力がありますねぇ。

投稿: えいねん | 2008年7月 2日 (水) 22時21分

こんばんは、えいねんさん。

>昭和歌謡の先生方の楽曲・歌詞は本当に力がありますねぇ。

本当に昔の歌の歌詞には不思議な力があったと思います。
また、違う意味でも昔の歌の歌詞は凄かった。
特に森山加代子の「じんじろげ」「パイのパイのパイ」などの歌詞はシュール!です。

投稿: take4 | 2008年7月 6日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41683675

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨どきに聴いていた音楽:

» ★ベトナム 小型自動車普及 バイク 経済★ [★厳選★ベトナム生活最前線生情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)HOTNAMさんより以下の記事が紹介されている。引用ここから*********************************ベトナム:小型車がバイクに替わる交通手段に 都市部に住む人々の間で、雨や暑さを避けるための移動手段として自動車を選ぶ向きが強まり、それに伴い小型車へ注目が集まっている。 世界的にも排気量が小さく、内装もシンプルな小型車が伸びている。特にToyotaやHonda、Mitsubis... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 22時24分

« ご近所探索「横須賀駅」 | トップページ | イル ポスティーノ »