« 長距離通勤者の孤独「通勤時における頭脳戦術争いとは?」 | トップページ | タイ エラワン »

2008年6月26日 (木)

狼は瞑らない

   Photo

狼は瞑らない (ハルキ文庫) (文庫)
樋口 明雄 (著)

ワタクシ、山岳冒険小説というジャンルがこよなく好きなのである。
ただ、惜しむらくはコノ手の本の数が圧倒的に少ないことなのである。

で、最近読んだ本ではこの「狼は瞑らない」が面白かった。
作者の実体験に基づいて描かれているので説得力がある。
ただ惜しいことに主人公が狙われる陰謀の設定がディテール不足でイマイチ現実感に欠けるのが残念であるが、それを補って余りある熱い臨場感にどんどんと引き込まれていく。

それにしても山岳警備隊員の方々のハードな仕事には改めて頭が下がります。

|

« 長距離通勤者の孤独「通勤時における頭脳戦術争いとは?」 | トップページ | タイ エラワン »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41657203

この記事へのトラックバック一覧です: 狼は瞑らない :

« 長距離通勤者の孤独「通勤時における頭脳戦術争いとは?」 | トップページ | タイ エラワン »