« 為朝神社の虎踊り | トップページ | 驚異の「オレンジ軍団」 »

2008年6月15日 (日)

鎌倉“花”巡り ~紫陽花 三十六景~

この時期の鎌倉には渋谷の交差点以上に混雑する場所がある。
紫陽花の名所はどこもかしこも人、人、人でごったがえ。
まぁ、これもこの時期ならではの風物詩であると言い聞かせ、
毎年御馴染みの「紫陽花巡り」に出かける。

  A_1 A_2 A_3 A_4

  A_5 A_6 A_7 A_8

  A_9 A_10 A_11 A_12

  A_13 A_14 A_15 A_16

  A_17 A_18 A_19 A_20

  A_21 A_22 A_23 A_24

  A_25 A_26 A_27 A_28

  A_29 A_30 A_31 A_32

  A_33 A_34 A_35 A_36

去年の成就院の紫陽花は一昨年の大雨やがけ崩れ防止工事を行った影響でほとんど咲いてなかったが、今年は整備されて満開で、人出も満員状態。

御霊神社は紫陽花と江ノ電のコラボを見ることができる。

長谷寺はこの時期は入場整理券を配布するほどのクレージーな混雑ぶりでここはあっさりとパス。

お隣の光則寺で日本古来の山紫陽花を愛でる。

その後は鎌倉路地巡りを楽しむ。

紫陽花は土壌のpH濃度、アルミニウムイオン量によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。
そして花言葉は「移り気なこころ」である。

|

« 為朝神社の虎踊り | トップページ | 驚異の「オレンジ軍団」 »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41542006

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉“花”巡り ~紫陽花 三十六景~:

« 為朝神社の虎踊り | トップページ | 驚異の「オレンジ軍団」 »