« 平成関東大震災 | トップページ | 公開セミナー「内陸で起きた最近の大地震」 »

2008年6月20日 (金)

「せぶん」

   A_

久里浜にある「せぶん」は本格的な豚骨ラーメンが食べられる店である。
まぁ、本格的といっても関東の人間の味覚に合せてだいぶマイルドなトンコツになっている。

本場、九州の豚骨ラーメンは違います!
店の中からキョーレツな匂いが漂ってくる!
この匂いでほとんどの人は腰が引けてしまい店に入れないのである。

実はワタクシ、7年ほど前に北九州は小倉に仕事の関係で1年ほどいたことがあり、
小倉や博多、そして久留米や熊本の有名店を食べ歩いていたことがある。

久留米の豚骨ラーメンは豚骨の濃度が高く、スープがドロドロ状態の店もあった。
九州の豚骨ラーメンは北へ行くほど、つまり本州に近づくほど醤油ベースの割合が多くなってくるようである。
つまり、横浜の家系に近い「豚骨醤油」なのだが、鼻腔を貫く味覚はまったく別モノである。
特に門司にある「珉子」のラーメンは豚骨ベースに塩・醤油タレが絶妙のバランスでブレンドされており、まさに絶品の一杯である。
初めて食べた時は、あまりのウマサにカンドーして言葉が出なかったほどである。

で、話は戻り、久里浜の「せぶん」である。
関東には残念ながらアノ強烈な匂いを放つ「豚骨ラーメン屋」はない。
関東の豚骨はあくまでもマイルド&クリーミー路線なのである。
まぁ、これはこれで良い。
たまに豚骨ラーメンが食べたくなるとここに来る。
でも「せぶん」の豚骨ラーメンは以前の方がウマかったと感じるにはワタクシだけ?

|

« 平成関東大震災 | トップページ | 公開セミナー「内陸で起きた最近の大地震」 »

Foods & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41597409

この記事へのトラックバック一覧です: 「せぶん」:

« 平成関東大震災 | トップページ | 公開セミナー「内陸で起きた最近の大地震」 »