« ロレンツォのオイル/命の詩 | トップページ | 邪魔 »

2008年6月10日 (火)

「Cybertecture Egg」

      Photo
最近はコンピューターで建物をデザインできるので、従来なら難しかった3次曲線や3次曲面を多用したデザインの建物が多い。

で、これも最近ニュースで見かけた卵型の建物である。建設地はインドはムンバイで、2010年完成予定だという。13階建てで、卵型構造によって構造そのもので建物を支えるので、柱への負担は通常のビルに比べてぐっと軽いものになっているらしい。
また、屋上の緑を植えたスペースが熱を放射し、一方で太陽熱と風力を利用して電力を作るようになっている。

そして、この建物、トイレに入ると血圧と体重を計って健康管理してくれるという。イヤイヤ、メタボ管理をしてくれる大変ありがたい建物なのである。

別名「Intelligent Egg」!!!!

最近、日本でも新宿に「コクーンタワー 」、名古屋に「スパイラルタワー」が建設されている。
ちなみに、どちらの建物にもワタクシの知り合いが関係しているがイロイロと大変らしい。

|

« ロレンツォのオイル/命の詩 | トップページ | 邪魔 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41495692

この記事へのトラックバック一覧です: 「Cybertecture Egg」:

« ロレンツォのオイル/命の詩 | トップページ | 邪魔 »