« 「サイボーグ009を作った男」 | トップページ | 江南飯店 黒胡麻・坦々麺 »

2008年5月28日 (水)

マジック・サークル

      Photo

マジック・サークル〈上〉 (単行本)
キャサリン ネヴィル (著), Katherine Neville (原著), 大瀧 啓裕 (翻訳)

表紙の謎めいた絵に心が動かされて読み始めたが、あまりにも謎が謎を呼ぶ伏線の設定にチョットついていけない。
特に主人公のあまりにも込み入った家系図がスンナリと理解できない。まぁ、この複雑さがこの小説の持ち味なのだろうが、新たに明るみに出る家族関係をそのつど図解付きの家系図で説明してもらわないとわからない。
そして、紀元前のソロモン神殿から救世主イエス、ローマ帝国からナチドイツまで引っ張る歴史の謎解きはいささか間延びしてしまって次第に興味を失う。
また翻訳が悪いとは言わないが、この複雑な謎解きに英語特有の言い回しがさらに追い討ちをかけて理解度を鈍らせる。
基本的なプロットは悪くはないのだが、作者のあれもこれもの詰め込みすぎでチョット残念である。

|

« 「サイボーグ009を作った男」 | トップページ | 江南飯店 黒胡麻・坦々麺 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41356695

この記事へのトラックバック一覧です: マジック・サークル:

» 龍宝寺(2) [歴史の町−鎌倉と川越]
ランキング応援してください、ここを押してね 鎌倉玉縄地区の龍宝寺の境内に、江戸中期建築の鎌倉の農家が保存されています。 この農家に関する、案内です。 この農家の内部です 農家の前にある、足踏み式の臼です 隣接して資料館があ....... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 11時57分

« 「サイボーグ009を作った男」 | トップページ | 江南飯店 黒胡麻・坦々麺 »