« 流星麺 | トップページ | 「アフリカ縦断114日の旅」 »

2008年5月16日 (金)

ご近所探索「高橋邸」

   Photo

向山行在所跡」に登る階段の左手にチョット気になる邸宅がある。
急勾配の緑色洋式瓦の洋館付邸宅である。
で、「建物で読む横須賀」で調べるとこの建物は「高橋邸」であることが判明。

高橋家は明治30年からの米穀商で海軍水交社に納入する御用商人だった。
ちなみにこの海軍水交社とは海軍省の外郭団体として創設された日本海軍将校の親睦・研究団体であり、海軍士官専用の旅館や喫茶店なども経営していたという。

この高橋邸を建てたのは国府津の宮大工である夏目猶吉で、玄関脇に洋間を造ることが当時は流行し、外壁のスクラッチタイル、色ガラス入りの上げ下げ窓が印象的である。

このような洋館付邸宅が横須賀にはいくつか残っている。

|

« 流星麺 | トップページ | 「アフリカ縦断114日の旅」 »

ご近所探索」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41231022

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所探索「高橋邸」:

« 流星麺 | トップページ | 「アフリカ縦断114日の旅」 »