« 海洋研究開発機構一般開放 | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

2008年5月11日 (日)

ご近所探索「汐入不動尊」

   A__0

隣町の汐入の小高い山の上に汐入不動尊がある。
京急の車窓からも山腹に構えるその建物が見える。

   A__a_2

   A__b_2

そして、この汐入不動尊では5月第2日曜日(母の日)に大根加持の大護摩修行が行われるのである。
で、この「大根加持」とは、血流をよくするといわれる大根でボケを封じる厄よけのことなのだが、元来大根は冬の野菜である。夏大根を探していた住職を三浦の方々が支援し、サカタのタネの協力もあり夏大根が誕生し、大根加持も実現したという。

この大根は護摩でたかれ、大根の味噌田楽として配られるのである。
汐入不動尊は正式には山号は高尾山、長光寺という。
三浦不動尊・第5番札所でもある。
真言宗の寺であり、真言密教を基盤としているので加持を尊重しているのである。

   A__5

また、本堂の脇には汐入観音もあり、本堂内に「十一面観音」像を安置している
そして、高尾山の本尊である「飯綱権現」と、それと同体とされる「不動明王」も祀られているという。

今日はその大根加持で遠方からも大勢の人々が訪れて賑わっていた汐入不動尊である。

|

« 海洋研究開発機構一般開放 | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

ご近所探索」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41174226

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所探索「汐入不動尊」:

« 海洋研究開発機構一般開放 | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »