« 建物で読む横須賀 | トップページ | 流星麺 »

2008年5月14日 (水)

長距離通勤者の孤独「京急110年のあゆみ」パネル&グッズ展 第3弾

   00_3

「京急110年のあゆみ」パネル&グッズ展 第3弾は「懐かしの沿線案内」である。
追浜で5月16日まで展示されている。
ちなみに第2弾は「記念切符」の展示であった。

昭和の始めから今に至るまでの京急の沿線案内などのパンフレットが展示されていた。

   00_

これは昭和20年代の横須賀近辺の路線図だが県立大学駅(旧安浦駅)は「横須賀公郷」
北久里浜は「湘南井田」、久里浜は「湘南久里浜」となっている。

   00__2

で、これも昭和20年代と思われる「みかさ園」と「猿島海上公園」の観光案内である。

三笠はこの頃は砲塔跡が十一面の水槽になっており水族館だったのである。
その前は米軍人の為のダンスホール 「キャバレー・トーゴー」 だったこともある。

猿島への乗船券は往復で45円!である。

そしてこの頃は浦賀金谷航路で1日に4便しかなかったのが分かる。

この当時でも品川~浦賀間は「超特急」で65分!とはオドロキである。

|

« 建物で読む横須賀 | トップページ | 流星麺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/41209265

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離通勤者の孤独「京急110年のあゆみ」パネル&グッズ展 第3弾:

« 建物で読む横須賀 | トップページ | 流星麺 »