« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 立川真司ライブ!「電車でGO!」 »

2008年3月25日 (火)

デセプション・ポイント

     Photo_2
デセプション・ポイント 上 (単行本)
ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)

著者はアノ「ダ・ヴィンチ・コード」のダン・ブラウンである。
ちなみに本書は「天使と悪魔」と「ダ・ヴィンチ・コード」の間に出版されたのだが、
今回は宗教色は一切無く、人類にとっての宇宙最大の謎をテーマにしている。
この触りが実に男のロマン心の琴線に触れるのである。
この宇宙の謎にクワク・ドキドキするのだが、やがて、ポリティカルサスペンスへと変わってゆき、最後は海洋アドベンチャーへとなだれ込む。

実に映画チック?なのである。
まず、読んでいて場面がイメージしやすい。そして、映画で使われるクロス・カッティング、あるいはカット・バックといわれる技法で書かれている。つまり異なる場面のシーンを交互に描くことにより、より臨場感や緊張感などの演出効果を狙っているワケで、アノ「24」で多用されている技法である。
そして何よりも、そのスピード感やアクション性でまさしくハリウッド向きのプロットで、「ダ・ヴィンチ・コード」よりも映画向きであるとワタクシは思う。

イヤ~実に面白い読む映画を体験でき、一気に読み終えてしまった。

で、思いつきの今日の一句「夢に見た 宇宙のロマン 摩訶不思議」・・・オソマツ

|

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 立川真司ライブ!「電車でGO!」 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40645563

この記事へのトラックバック一覧です: デセプション・ポイント:

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 立川真司ライブ!「電車でGO!」 »