« Nilsson Sings Newman | トップページ | 「湘南江の島春まつり」 »

2008年3月15日 (土)

東京庭園美術館「建築の記憶-写真と建築の近現代-」

  A_

  A__2

東京庭園美術館「建築の記憶-写真と建築の近現代-」

目黒にある東京庭園美術館は旧朝香宮邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したもので、フランス人デザイナーが設計したアール・デコ様式が特徴的である。

この東京庭園美術館で開催されている「建築の記憶」展がなかなか面白そうなので見に行ってきた。

写真が日本に紹介されてから撮影されてきた建築が紹介・展示されている。
記録として撮影された明治期の建築写真、そして建築の魅力を独自の表現で切り取った現代の建築写真などその時代の写真史と建築史の遍歴が垣間見れて興味深い。

せんだいメディアテークの工事写真は観る者の視点によって、記録とアートの領域の狭間で揺れ動く。

  A__a A__b

  A__d_2 A__e

この日の東京の最高気温は19度。
シャツ1枚で歩いていても汗ばんでくる。
そして、庭園では家族連れがまったりとランチを楽しんでいた。
このまったりとした時間を体感できるのもこの美術館のメリットかもしれない。

|

« Nilsson Sings Newman | トップページ | 「湘南江の島春まつり」 »

建築」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40514610

この記事へのトラックバック一覧です: 東京庭園美術館「建築の記憶-写真と建築の近現代-」:

« Nilsson Sings Newman | トップページ | 「湘南江の島春まつり」 »