« 長距離通勤者の孤独「スカジャンとスカマン?」 | トップページ | 浦賀シネマ劇場 »

2008年3月28日 (金)

緊急地震速報

      Photo

          緊急地震速報システム

気象庁が中心となって推進してきた「緊急地震速報」が着実に浸透してきた。

既にNHKでは2007年10月1日からテレビ・ラジオのすべてのチャンネルで緊急地震速報を伝える体制になり、民放ラジオ(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、RFラジオニッポン、TOKYO FM、J-WAVE)でも2008年4月1日から「緊急地震速報」の放送を始める。

これは大変喜ばしいことである。
個人的にも防災や地震に対するリスクマネージメントには日頃から注意を払っている。
ラジオも常に携帯し聴いており、職場でも緊急地震速報が放送されるようになった。

しかしながら、休日はのんびり、まったりとしたいからテレビやラジオを意識的に遠ざけているのが実情であるのだが、この便利なシステムを活用しないことはない。
4月1日からは周囲との関連を考慮し防災に対する意識を高めなければいけない、と考えている今日この頃である。

|

« 長距離通勤者の孤独「スカジャンとスカマン?」 | トップページ | 浦賀シネマ劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40673487

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急地震速報:

« 長距離通勤者の孤独「スカジャンとスカマン?」 | トップページ | 浦賀シネマ劇場 »