« プレステージ | トップページ | 長距離通勤者の孤独「京急創立110周年!」 »

2008年2月28日 (木)

幕末 維新の暗号

     Photo_2

幕末 維新の暗号 (単行本)
加治 将一 (著)

あやつられた龍馬」や「石の扉」といった一連のフリーメンソンものを書いている加治将一氏の新著である。

フルベッキの写真といわれる幕末に撮られた一枚の群像写真。
その写真が持つ謎解きをしてゆく訳なのだが・・・・
イヤハヤ、フィクションとノン・フィクションの狭間を揺れ動く我々にこうも明確な証拠を突きつけられると否が応でも信じてしまう。(まぁ、ワタクシが歴史オンチなだけであるのだが・・・)
そして、それらの証拠と推理によって謎に包まれていた明治維新の真相が明らかにされる。

ノン・フィクションとして読むか、ミステリーとして読むか?

天皇は元々は北朝の血筋のはずだが、明治天皇は南朝を支持し、南朝の後醍醐天皇などを祀る神社を多く建立した。その真相はいかに?それはこの本に書かれています。
ちなみにワタクシの周りにも関係者とおぼしき方がいるのでワタクシは信じます。
しかし、この話題はネット上でもいろいろと議論されており、興味が尽きない。
まぁ、所詮真相は闇の中に葬られ時間が風化させていくのかもしれない。

|

« プレステージ | トップページ | 長距離通勤者の孤独「京急創立110周年!」 »

Books」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40304571

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末 維新の暗号:

« プレステージ | トップページ | 長距離通勤者の孤独「京急創立110周年!」 »