« オールナイトニッポン40周年記念特番 | トップページ | みつめよう横須賀100選 »

2008年2月25日 (月)

うらが道-温故知新

週末は春一番が吹き荒れていたが、見上げれば快晴の良い天気。で、ご近所にある「うらが道」を歩いて田浦は梅の里まで行こう!と急に思い立ち出かける。

うぐいす坂を登り、大勝利山へ、そしてヨゼフ病院手前を左へ曲がる。

       A_

汐入小学校へと下る坂。右手階段は緑ヶ丘女子中学・高等学校への通学路。

       A__2

汐入郵便局脇の階段を登る。

   A__4

登りきったところは桜山、別名見晴らし山、ここからは横須賀湾岸の施設が一望できる。
なだらかな細い道が続く。

   A__5

桜山から逸見に下る途中にある子育て地蔵尊
元禄11年(1698)ここ浦賀道で子連れの旅人16名が餓死し、それを哀れんだ里人が冥福を祈って祀ったものだという。

   A__6

鹿島神社

  A__7  A__9

安針塚へと登る階段とその脇にある安針塚への道標

   A__10

塚山公園の桜谷の景観、桜はまだ先・・・・

   A__11

塚山公園内にある三浦安針夫妻の墓

   A__12

単調な道が続く十三峠
昔は急な山坂の連続でうらが道最大の難所であった。
しかし、戦後食糧難対策として開拓された。

      A__13

で、これが開拓記念碑

   A__14

十三峠から臨む長浦港方面

      A__15

ここから階段を下り田浦梅林へ向かう

      A__16

階段の途中にある道祖神。天保12年(1841)建立。

   A_3

田浦梅林はまだ2~3分咲き。

   A__17

   A_a

展望台脇は8分咲き。

   A__18

田浦にモノレール!
展望台から田浦青少年自然の家に向かう途中で出会ったモノレール型トロッコ。
収穫した梅をこれで下まで降ろすのだろう。

   A__19

で、下ったところは「ホタルの里」である。

   A__20

道脇にある庚申塔

そして一路京急田浦駅に向かう。

|

« オールナイトニッポン40周年記念特番 | トップページ | みつめよう横須賀100選 »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40268326

この記事へのトラックバック一覧です: うらが道-温故知新:

« オールナイトニッポン40周年記念特番 | トップページ | みつめよう横須賀100選 »