« 湘南とは? | トップページ | 八日目の蝉 »

2008年2月11日 (月)

横浜にぎわい座有名会

   A_

にぎわい座(横浜 野毛)の公演情報を見ていたら、今日公演される「横浜にぎわい座有名会」に円丈がでるという。これは行かねばならぬ、と他の予定(たいした予定ではない)をキャンセルして野毛に向かう。

前座、二ツ目、そして真打クラスは古典落語を演目する場合が多い。
本日も「たらちね」や「河豚鍋」など御馴染みの演目が演じられた。しかし、古典は古典ならではの面白さがあり、絶妙な間の取り方やしぐさや立ち振る舞いなどがやはり面白い。

そして、トリの円丈師匠の演目は「ぐつぐつ」
これは小ゑん師匠の代表作の一つで、以前ネタ交換という企画がありその産物である。
おでんの具たちと、そしておでん屋のオヤジと客とが繰り広げる小ゑんオリジナルを新作落語の元祖円丈師の手にかかって、円丈版シュールな「ぐつぐつ」に変貌してこれでもかとたたみ掛けてくる。
円丈師匠は63歳なのだが、これに関係なく照れずに演技をしなければならない、という試練を持っている落語でもある。
イヤ~面白かったです。

|

« 湘南とは? | トップページ | 八日目の蝉 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40091289

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜にぎわい座有名会:

« 湘南とは? | トップページ | 八日目の蝉 »