« 宇宙からのメッセージ | トップページ | オールナイトニッポン40周年記念特番 »

2008年2月23日 (土)

ロートレック展

       A__4

「東京ミッドタウン」にはサントリー美術館も入っており、「ロートレック展」が開催されている。
実はワタクシ、ロートレックのポスターが好きで部屋にも飾っている。

思えばワタクシがロートレックを知ったのは映画「赤い風車」であり、その音楽の旋律の美しさや“ムーラン・ルージュ”という優美な語感があるキャバレーの名前に興味を持ったのが中学生の時である。

それ以来のロートレックフリークである。日本に展覧会がくれば必ず行く。
今回の展覧会では“ムーラン・ルージュ”に出演していた芸人の資料が多く展示されていて興味深い。
特に実写のアリスティード・ブリュアンやロイ・ファラーは見て納得。ロートレックは彼等の特徴を良く捉えてデフォルメして描いていると改めて感動。

そして、イヴェット・ギルベールは写真で見る限り、チャーミングだと思うのだが、この愛嬌のある顔をロートレックは彼の感性でデフォルメする、で、これが不評で彼のポスターは採用されなかった訳だが、この時期は日本の浮世絵に影響されていたらしくポーズや顔の表示にその特徴がある。
まぁ、見た目には不細工かもしれないが、見方を変えればポスターとしての完成度は高い?かもしれない。

ロートレックはポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上に特筆されるべき画家である、とワタクシは感じている今日この頃である。

|

« 宇宙からのメッセージ | トップページ | オールナイトニッポン40周年記念特番 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40237006

この記事へのトラックバック一覧です: ロートレック展:

» 落穂ひろい(17)最近のアート事情 [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
今日ほど美術館が一般大衆に親しまれた時代はかつてなかっただろう。詳細な統計的数字 [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 16時49分

« 宇宙からのメッセージ | トップページ | オールナイトニッポン40周年記念特番 »