« 浦賀の百年-その2 | トップページ | ガダラの豚 »

2008年2月20日 (水)

浦賀の百年-その3

⑤神社駅伝
大津、走水、鴨居、浦賀、久比里と7個所の神社を巡る参拝駅伝競走があった。
この優勝旗は、昨年冬に市行政センターを整理中に偶然見つかったもので、数十年ぶりに市民の目に触れるという。

      A__2

これがその優勝旗である。

⑥横須賀と浦賀の確執
今の大津高校はかつては深田台の丘の上にあった「横須賀高等女学校」が前身である。
この「横須賀高等女学校」は老朽化により次第に校舎が傾いてきた。しかし、当時の横須賀市はお金がない。で、見るに見かねた浦賀町が手を差し伸べ土地を無償で提供した。そして昭和5年に建設費は県が負担し県立高校となる。
そして、昭和18年に浦賀町や北下浦町、長井町、武山村、大楠町、逗子町などが横須賀に合併されるが浦賀町はこれに反対したが、海軍の圧力に屈する。そして戦後に、横須賀からの独立を試みるがGHQの反対により断念する。この時に久里浜も巻き込んだが久里浜の反対にあう。何でも浦賀の人間から久里浜の田舎者と呼ばれるのがイヤだったらしい。
今でもお年寄りは「中央」のことを横須賀と呼んでいる。

 A_a A_b_2

浦賀文化センター会場には懐かしの小物などが陳列されている。

  A_a_2

そして浦賀町報のコピーが閲覧できる。

|

« 浦賀の百年-その2 | トップページ | ガダラの豚 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/40198097

この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀の百年-その3:

« 浦賀の百年-その2 | トップページ | ガダラの豚 »