« 中島三郎助まつり、そして浦賀のあれこれ | トップページ | 本牧の今昔 »

2008年1月27日 (日)

三溪園

横浜の本牧に「三溪園」がある。

三渓園は横浜市中区本牧三之谷にある庭園で、敷地面積は17.5ha。実業家で茶人の原富太郎(号:三渓、1868年-1939年)によって作られた。この三溪園には国の重要文化財建造物10棟、横浜市指定有形文化財建造物3棟を含め、17棟の建築物を有し、広大な敷地の起伏を生かした庭園との調和がなかなか良い。

昨年2月三溪園は国の名勝に指定された。その1周年を記念し、旧燈明寺三重塔など外苑の歴史的建造物6棟の内部を週末にかけて特別公開されていたので約6年ぶりに訪れてみた。

今回公開されたのは以下の6棟の建物
 旧燈明寺三重塔、旧東慶寺仏殿、旧燈明寺本堂、旧矢箆原家住宅(以上重要文化財)、
 横笛庵、林洞庵

       400

旧燈明寺三重塔
室町時代1457年(康正3年)の建築。京都府相楽郡加茂町より1914年移築。

   600

旧東慶寺仏殿
江戸時代1634年(寛永11年)の建築。東慶寺(鎌倉市)より1907年移築。

   600_3

旧燈明寺本堂
室町時代初期の建築。上記三重塔があった燈明寺の本堂で、1948年まで京都府加茂町にあったが、同年の台風で大破し、長年解体格納されていた。1982年三渓園に移築。

   600_4

旧矢箆原(やのはら)家住宅
江戸時代(18世紀)の建築。白川郷の合掌造民家。岐阜県大野郡荘川村(現高山市)より1960年移築。

   600_5

横笛庵
明治41年(1908年)田舎風の茶亭で古材を用いて建てられている。平安時代の悲恋の主人公・横笛から名づけられた庵

   600_6

林洞庵
昭和45年(1970年)宗徧流林洞会から寄贈された茶室。近代数奇屋風の建物。

   600_7

そしてこれは臨春閣
1649年、紀州徳川家初代徳川頼宣が夏の別荘として、現在の和歌山県岩出市に建てたもので、1906年三溪の手に渡り、1915年から1917年にかけて園内に再建された。 第一屋、第二屋、第三屋で構成され、襖絵は狩野探幽、狩野安信などによって描かれている。

         600_8

庭園は冬の佇まい

  600_9  600_10

庭園の片隅では水仙が、そして早咲きの梅も咲いていた。

三溪園は関東大震災や空襲でかなりの被害を受けたが、昭和28年(1953)に財団法人三溪園保勝会に移管され復旧工事が行なわれた。

三重塔や東慶寺仏殿の中に入って木造細工のディテールにしばし見とれる。
改めて日本木造建築の素晴しさを体験した今日この頃である。

|

« 中島三郎助まつり、そして浦賀のあれこれ | トップページ | 本牧の今昔 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17866680

この記事へのトラックバック一覧です: 三溪園:

» 外国人みたいな家族や地方の友人を連れていきたいところ(神奈川版) [ALOHA YOUアロハユー For Hawaiian Life]
外国人の友達が来たら連れていきたいところ 東京版(IDEA*IDEA)を読んで。 黒澤明監督のテーマレストランがあるのを初めて知りました。 今度行ってみよう、と思ったのですが、確かに”... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 14時04分

« 中島三郎助まつり、そして浦賀のあれこれ | トップページ | 本牧の今昔 »