« 横須賀ハウジングセンター | トップページ | 昨日の続き「鉄道から見た横須賀100年発展展」 »

2008年1月14日 (月)

鉄道から見た横須賀100年発展展

   A_

ワタクシの父親が鉄道模型マニアだったので幼少のころから鉄道模型には慣れ親しんでおり、ごく普通に鉄道に興味がある。
そして、横須賀市制100周年記念ということで「鉄道から見た横須賀100年発展」展なるものを催しているという。
で、コレは見なければならないという使命感で急遽お出かけ。

このイベントですが、横須賀鉄道模型同好会が横須賀市制施行100周年に合わせて企画。会員約20人が1年半前から、この100年に市内を走った車両の模型を持ち寄って整備したり、模型のないものは(模型の八割)は、会員自らが紙やラッカー塗装を使って作成し、準備に一年半を要したという。模型のサイズは実物の80分の1。

懐かしの京急の車両模型が懐かしかったし、昔の写真パネルなどが興味深かった。

  A__2

これは大正10年の横須賀駅である。

  A__3

で、これが昭和32年の横須賀中央駅である。

  A__5

昭和15年当時の観光パンフ。
右上にある「護れ要塞、防げよスパイ」という文句が当時の世相を反映している。
当時は鎌倉から六浦を結んだラインから南では写真撮影は禁止であった。
これは以前、「20世紀前半の観光文化展」でも説明してあった。

それにしても、良く出来ている模型である。

|

« 横須賀ハウジングセンター | トップページ | 昨日の続き「鉄道から見た横須賀100年発展展」 »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

鉄道模型にも興味がありますが、昔の写真なども見てみたかったです。
子供たちはもちろん、大人も楽しめるイベントだったようですね。
雰囲気の分かる写真やパネルの写真が嬉しいです。

投稿: TETSU | 2008年1月15日 (火) 02時46分

>TETSU様
横須賀の交通の歴史、
特に横須賀線と京浜急行の歴史は非常に興味深いものがあります。
ワタクシも少しずつネタを集めてますので今度紹介します。

投稿: take4 | 2008年1月16日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17697326

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道から見た横須賀100年発展展:

« 横須賀ハウジングセンター | トップページ | 昨日の続き「鉄道から見た横須賀100年発展展」 »