« ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »

2007年12月 3日 (月)

歌声喫茶「灯(ともしび)」の出前歌声

        A_

昨日、中央の駅前広場で恒例の「青空市民まつり」が催されており、その一部として懐かしの歌声喫茶「灯(ともしび)」の出前歌声が公演されていた。周りを取り巻くのはかつての常連だったオジサマやオバサマが多い。

懐かしの歌声喫茶と前述したが、ワタクシは訪れたことはない。しかし、昭和30年代の新宿に「カチューシャ」や「灯(ともしび)」があり、ロシア民謡を発端として、労働運動、学生運動の高まりとともに人々の連帯感を生む歌声喫茶が流行った時期があった、ということは記憶にある。

テレビのドラマでもよく登場していた。その後、この「うたごえ」はフォークという媒体に乗り反体制の大きなムーブメントとなり、“新宿西口フォーク・ゲリラ”へと派生していった。一時大きな社会問題となったこの反体制大集会は、オカミが一夜にして「新宿駅西口地下広場」を「通路」としてしまい集会禁止にしてしまった。オカミはよほどこの時の若者達を脅威に感じたのだろう。そしてこの年(1969年)は人類初の月面着陸があり、東大安田講堂占拠事件があった。

そんな若者達も定年を迎え、まったりと本来の「うたごえ」に回帰していったのかな?とデッキの上からぼんやりと考えてしまった。団塊の世代のパワーを侮ってはならないし、彼らのパワーを良い意味で社会で貢献して欲しい、と思った今日この頃である。

PS:“新宿西口フォーク・ゲリラ”には高石ともや、岡林信康、高田渡なども参加していた。

|

« ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

9日の「うたごえ喫茶がやってくる」に申し込みました。
横須賀在住です。
歌声喫茶「灯」もかつて通いました。
ご当地の横須賀ネタは、ほとんどとりあげませんが、
ブログもつくっています。
よかったら、お寄りください。

投稿: kemukemu | 2007年12月 8日 (土) 21時25分

はじめまして、kemukemuさん。
歌声喫茶「灯」は行った事はありませんがよく知っています。
でも、当時の私はロック少年でした。
今ではこの歌声なる小さくて静かなムーブメントに興味がありますね。残念ながら9日の「うたごえ喫茶がやってくる」は満員御礼だそうで、次回に期待します。
プログには寄らせていただきます。

投稿: take4 | 2007年12月10日 (月) 22時41分

こんにちは。先日、私も出前歌声喫茶に参加しました。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
歌声喫茶や「カチューシャ」の歌もとりあげました。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007年12月11日 (火) 20時00分

こんにちは。
横須賀での出前歌声喫茶の開催のためのブログを
立ち上げました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemuutagoe

投稿: kemukemuutagoe | 2008年1月 1日 (火) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17265251

この記事へのトラックバック一覧です: 歌声喫茶「灯(ともしび)」の出前歌声:

« ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »