« ZABADAK  | トップページ | ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 »

2007年12月 1日 (土)

鎌倉探索「紅葉とやぐら巡り」

ぼちぼちと鎌倉の紅葉が色付き始めたということでチョックラ紅葉を愛(め)でに出かける。
そして、紅葉を求めて谷戸を歩いているとイヤでも目に付くのが「やぐら」である。

やぐらとは鎌倉・室町時代に流行した「横穴式墳墓」で、紅葉が堪能できる山間にはこのやぐらが密集している。まぁ、鎌倉は山に囲まれた狭いエリアで、掘りやいわりに崩れにくい凝灰岩の山なのでこれでもか!というくらい作られた。鎌倉エリアだけでも5000穴以上あるらしい。

        A_

寿福寺
禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派に属する鎌倉五山第3位の寺院である。山号を亀谷山(きこくさん)と称し、寺号は詳しくは金剛寿福禅寺という。

             A__

石畳の参道が一直線に続く。

        A___2

ここの紅葉は色付き始めたばかりで見頃はもう少し後である。

 A___3  A___a

墓地背後の山肌には、北条政子と源実朝の墓と伝わるやぐらがある。

 A___4  A___5

 A___a_2  A___b

 A___a_3  A___b_2

海蔵寺も臨済宗建長寺派の寺である。ここの紅葉は今が見頃である。
海蔵寺へと続く道筋の紅葉も良い。

 A___6  A___7

海蔵寺奥にあるやぐら。反り返った屋根上の天井にはホウライシダと苔が生(む)している。

        A__2

仮(化)粧坂(けわいざか)
扇ヶ谷から源氏山に続く山道で、鎌倉七切通しのひとつ。
新田義貞の鎌倉攻めではこの付近が主戦場となったという。

        A__3

源氏山公園に立つ源頼朝の像

 A___8  A___a_4

源氏山公園の紅葉
赤、黄、緑そして青のコントラスト。

 A__4  A__a

銭洗弁財天の入口を見上げればやぐら群があった。
これはわりと最近発見されたという。

        A__5

佐助稲荷

鎌倉の紅葉はこれからが見頃である

|

« ZABADAK  | トップページ | ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17249383

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉探索「紅葉とやぐら巡り」:

« ZABADAK  | トップページ | ヨコスカ蕎麦放浪記「越後」 »