« 昨日の続き 戦艦「大和」特別展 | トップページ | イノセント・ボイス 12歳の戦場 »

2007年11月13日 (火)

三笠を想う

        Photo_2

  _a

幼少の頃両親に連れられて三笠に来た時、父が一枚の写真の前で立ち止まり、「この人がお祖父ちゃんの親戚の方だよ」と言った。指差した写真は30人ぐらいの水兵達の集合写真で父の指は見知らぬ若い水兵を指していた。ワタクシの父方の祖父の親戚が三笠に乗っていたという僅かな記憶が残っている。

その写真は何故か今はもう展示されていない。

 Photo_4 _a_2

三笠に通じる道は今は埋め立てられて公園になってしまったが、昭和44年までは三笠橋を渡り、横須賀学院脇の細い道を歩いていった。道の右側は海でよくここで釣りをしたし、灯篭流しもここで行った。三笠橋の手前(今のさいか屋の駐車場近辺)には魚市場があり、何故かここで靴下を海に流してしまったという記憶が鮮明に残っている。

三笠のフェンスを乗り越えてよく釣りをした。そして三笠の船首近くまでフェンスが張り巡らされていており、その向こうはアメリカだった。現在は返還されて三笠公園として市民の憩いの場として利用されている。

ワタクシは横須賀を離れていた時期は15年以上ではあるが、そんな三笠は、ワタクシにとって幼少の頃からそして今までも、離れていても横須賀には三笠がある、横須賀に帰れば三笠があるという帰るべき道標(みちしるべ)である我が心のランドマークであったことは確かなことである。そんな三笠がこれからもワタクシも含めて横須賀の人達の心のランドマークであってほしいと願う今日この頃である。

|

« 昨日の続き 戦艦「大和」特別展 | トップページ | イノセント・ボイス 12歳の戦場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17071815

この記事へのトラックバック一覧です: 三笠を想う:

« 昨日の続き 戦艦「大和」特別展 | トップページ | イノセント・ボイス 12歳の戦場 »