« 「僕ら、スゴいんです!志ん輔・志らく・歌武蔵」 | トップページ | 「ミッドナイト・イーグル」 »

2007年11月26日 (月)

小網代の森

        Aa__8

三浦半島の引橋から油壺にかけて「小網代の森」という自然林がある。
しかし、ここはもともとはと純粋な自然林ではなかった。昭和30年代には薪や炭にするために利用していた雑木林があり、下流域には水田を耕して稲作を行っていた。しかし、これら田も次第に放棄され、その田の跡には草木が繁茂し、この谷は急速に自然に帰っていき、かつてあった生態系に戻りつつある。そんな森である。

      Aa__11    Aa__12   

そして、河川の源流の森林から湿原、河口そして干潟まで自然状態のまま一体となっている豊かな自然生態系が残っているのは関東・東海地方ではこの小網代の森だけなのである。

  Aa__9  Aa__10

耳を澄まして森を仰ぐと様々な野鳥のさえずりが聞こえてくるし、その姿も見れる。面積当たりの個体数はかなり多い。
この小網代の森では、草木やシダなどの植物、昆虫、エビ・カニの仲間、鳥類やほ乳類など現在分かっているだけで約1300種以上の生物種が確認されているという。

  Aa__13  Aa__14

  Aa__a_2  Aa__15

開発か保全か過去幾度も話題に上がったが、2005年9月、国土交通大臣による近郊緑地保全区域の指定を受け、今では落ち着き、訪れる人が殆どいないぐらいである。これはこれで良い。

この小網代の森を訪れたのは今回で2回目だがここは森の「気」が感じられるから好きな探索ポイントの一つである。

|

« 「僕ら、スゴいんです!志ん輔・志らく・歌武蔵」 | トップページ | 「ミッドナイト・イーグル」 »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17199501

この記事へのトラックバック一覧です: 小網代の森:

« 「僕ら、スゴいんです!志ん輔・志らく・歌武蔵」 | トップページ | 「ミッドナイト・イーグル」 »