« リンゴォ・キッドの休日 | トップページ | フェルメールの「牛乳を注ぐ女」 »

2007年11月 9日 (金)

デレク・トラックスとグッド・バイブレーション!

         __3

ライヴ・アット・ジョージア・シアター [Live]
デレック・トラックス・バンド (アーティスト)

ワタクシの年ぐらいになるとリアルタイムで感動するというミュージシャンにはなかなかお目にかかれないなぁ、と思っていたら昨年のクラプトンのコンサートに同行してきたスライドギタープレーヤーである「デレク・トラックス」には正直いってオドロキ・モモノキ・ファンキー・モンキー・ベイビィー!

そしてこれはそのデレック・トラックス・バンドのジョージア・シアターでのライブ盤である。

ジョージア・シアターの雰囲気と彼らの音楽がグッド・バイブレーション!
非常に良い雰囲気の中でデレックが伸び伸びと自然体でプレイしている
音楽のミューズが宿ったような彼の両手に操られた赤いSGからほとばしる絶え間ない旋律はギターの息づいた鼓動のように聴こえる。

彼の音楽にはブルース、ジャズ、ロック、そしてインドやパキスタン、アフリカの民族音楽などエッセンスが散りばめられている。そしてその音楽のジャンルを超越したデレック・ワールドの中でレイド・バックしながら彼の音楽の中で身を任していたい。
そしてその旋律とグッド・バイブレーションしたい。

Songlines Live」というDVDも買ったがワタクシ的にはこちらのジョージア・シアターでのライブ盤の方がグッド・バイブレーションである。

|

« リンゴォ・キッドの休日 | トップページ | フェルメールの「牛乳を注ぐ女」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17034385

この記事へのトラックバック一覧です: デレク・トラックスとグッド・バイブレーション!:

« リンゴォ・キッドの休日 | トップページ | フェルメールの「牛乳を注ぐ女」 »