« ご近所探索「めだかの学校」童謡碑 | トップページ | 二子山~森戸川源流を巡る »

2007年11月22日 (木)

ライオン丸の柏木 そして 李の大和魂

         Photo

昨夜の北京五輪サッカー最終予選の日本vsサウジアラビア戦は久々に見応えのある内容の濃い試合で、肩に力が入り疲れたが、試合終了と共に思わず小さくガッツポーズ。

双方とも中盤をコンパクトにまとめて、攻守の切り替えが早く、目を放しているヒマがない。まぁ、結果はスコアレスドローの0-0だったが、日本はめでたく「北京行きの切符」を手に入れた。

この試合で一番目だったのはMF柏木だろう。コヤツはスゴイ!何がスゴイってあのヘヤースタイルである。かつてのコロンビアのバルデラマを彷彿させるヘヤースタイルはまさに日本の「ライオン丸」である。目だったのはヘヤースタイルだけではない。あのエネルギッシュな運動量は驚嘆に値する。守りに攻めにまさにライオン丸の如く獅子奮迅の大活躍!自陣のゴール前から相手のゴール前まで駆け巡りTVの画面には必ず彼の姿があった。そしてゴールには至らなかったが、得点チャンスには必ず彼のプレーが絡んでいた。そして後半の日本の圧倒的な優勢を支えたのは彼の凄まじいばかりの運動量である。まさにチームのダイナモであり、牽引車である。恐るべき19才である。

ゴールネットは揺らせなかったがFWの李と岡崎もヨカッタ。特にベトナム戦で2点を取った李の気迫あるプレーには「大和魂」を感じた。彼は今年に入ってから帰化した反町ジャパンの秘密兵器であるが、何故その彼から大和魂」を感じるのだろうか?

思えば「日本サッカーの父」であるクラマーさんが杉山や釜本らに「大和魂」の精神を教えたのだが、これは日本のため、チームのために考え、そして一生懸命プレーしろということである。昨夜の日本の選手は当然皆一生懸命プレーしていたが、李の直向にゴールに向かう姿にオーラが宿ったような気迫があり、これが「大和魂」を感じさせたのかもしれない。

|

« ご近所探索「めだかの学校」童謡碑 | トップページ | 二子山~森戸川源流を巡る »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/17159137

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸の柏木 そして 李の大和魂:

« ご近所探索「めだかの学校」童謡碑 | トップページ | 二子山~森戸川源流を巡る »