« 昨日の続き・・・「鎌倉人の地獄と極楽」 | トップページ | 石の扉 »

2007年10月23日 (火)

昨日の続き、の続き・・・・旧華頂宮邸

        Photo

報国寺の脇の道をしばらく歩くと左側に古風な洋館が現れる。
これが旧華頂宮邸である。
そしてこの旧華頂宮邸の内部は1年で春と秋の2回しか一般公開しない。
先日の日曜日はこの一般公開日であった。

        A__

旧華頂宮邸
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/keikan/k-index1.html1

建物は、西洋住宅に多く見られるハーフティンバースタイル(木骨様式)で、幾何学的なフランス式庭園とテラスが特徴的。 

この邸宅の中に入るのは2度目だが、各部屋の意匠に合わせた照明器具のデザインは見ていて面白い。

   A___2 A___3

   A___4_2 A___

 A___2_2 A___3_3 A___4_3

 A___5 A___6 A___7

 A___8 A___9 A___10

1階はどの部屋にもマントルピースが置かれている。

           A___11
そして、季節の移ろいの中で表情を変えるこの邸宅を時折訪れるのも趣きがあっていいなぁ、と感じた一昨日のこの頃?である。(意味不明・・・・)

|

« 昨日の続き・・・「鎌倉人の地獄と極楽」 | トップページ | 石の扉 »

建築」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16861624

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き、の続き・・・・旧華頂宮邸:

« 昨日の続き・・・「鎌倉人の地獄と極楽」 | トップページ | 石の扉 »