« 竜馬がゆく | トップページ | アジア・アフリカチャレンジカップ2007 »

2007年10月17日 (水)

ご近所探索「横須賀高等女学校跡」

 B_zentai B_bubun_4

平坂を登り、交番裏のうらが道から横須賀青少年会館を登りきった所に「横須賀高等女学校」の標柱石が立っている。

横須賀高等女学校は現在の県立大津高等学校の前身で、明治39年横須賀町豊島町組合立高等女学校が汐入の谷町に開校、同40年横須賀高等女学校と校名を改め、翌41年深田の台のこの地に校舎を新築し移転した。
のち昭和5年、県に移管して県立大津女学校となり、大津に移ったがそれまでの22年間、本市女子教育の中心となって多数の卒業生を送り出した。

開校当時の生徒数は320人で第一回卒業生は18人と記録されている。

写真石垣上に見える長い校舎がそれで、大正年間のものと思われる。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/oldays/school/kouzyo.html

|

« 竜馬がゆく | トップページ | アジア・アフリカチャレンジカップ2007 »

ご近所探索」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16789762

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所探索「横須賀高等女学校跡」:

« 竜馬がゆく | トップページ | アジア・アフリカチャレンジカップ2007 »