« アース・ウィンド&ファイアーと六本木 | トップページ | 三崎「まるいち」 »

2007年10月 5日 (金)

ラーメン賛歌

          Photo               

                写真は「若松」の中華そば

ワタクシ麺類をが好きで、蕎麦やうどん、そしてパスタなどもよく食べるが、何よりもラーメンをこよなく愛しているのである。

麺とスープ、そして具という食材から、作り手達が個性ある究極の味を生み出そうと日夜研究し、進歩している。100人の作り手がいれば100種の味がある。そして同じ店でも複数の味(醤油・塩・味噌etc)があり、いくつもの具(トッピング)もある。日本全国に数万軒のラーメン屋があり、それぞれの店にいろいろな味があり、具があるわけでその組合せで数十万種類のラーメンが存在することになる。

蕎麦屋にもそれぞれ各店独自の味がある。しかし、それは継続された伝統の味であり、守られるべき味でもある。従って革新的な蕎麦というのはなかなか存在しない。しかし、ラーメンは次々と独創的な味のラーメンが世に出てくる。海のように奥深く、空のように幅広い。
ワタクシはこのような「食べ物」を他には知らない。

仕事柄、海外や日本を渡り歩いてきたが、それぞれの土地にそれぞれの独創的なラーメンがあって楽しい。

仙台にいた時には山頭火の「塩ラーメン」にハマった。いろいろな場所で山頭火の「塩ラーメン」を食べたが仙台店が一番ウマイと思う。
新宿に住んでいた時には高田馬場にある「味源」の味噌ラーメンをよく食べたが、今は昔のアノ感動的なウマサはない。これらはチェーン店でもあるが、店によって味が全然違う。これもラーメンの面白さだと思う。

北九州にいた時は週末はラーメン&温泉三昧であった。熊本や久留米までラーメンを食べに行った。
九州といえば豚骨であるが土地柄によって豚骨のテイストが全然違うのが面白い。門司にある珉子(みんず)では東京では絶対に味わうことのない絶品のラーメンが堪能できる。

シンガポールには3年強いたが、ラクサと福建麺には大変お世話になった。(ラーメンではないが)
ラクサとはココナッツミルクと香辛料がきいたカレー味がミックスされた麺料理である。

そして横須賀には横浜家系ラーメン店が多いが「塩や」や和歌山ラーメンの「嶋や」、そして「和らく」「イツワ製麺所食堂」に「若松」がある。家系ラーメンもいいがオジサンには「和らく」や「若松」の和風アッサリ系が好ましいと感じる今日この頃である。

|

« アース・ウィンド&ファイアーと六本木 | トップページ | 三崎「まるいち」 »

Foods & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16673620

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン賛歌:

« アース・ウィンド&ファイアーと六本木 | トップページ | 三崎「まるいち」 »