« 「SATURDAY IN THE PARK」 | トップページ | バグダッド・カフェ »

2007年10月14日 (日)

外国海軍艦艇オープンシップ

天候が好ければ久々に山歩きでもしようかなと思っていたが生憎と今にも雨が降りそうな雲行きである。
山歩きはキャンセルし、近場でお楽しみということで横須賀新港で行なわれる「外国海軍艦艇オープンシップ」に行く。
これは日本主催の海上阻止訓練に参加するために横須賀を訪れている外国海軍艦艇(イギリス、フランス、オーストラリア海軍)の一般公開のことである。
ワタクシ基本的に船が好きで、こういう機会があると出来るだけ足を運ぶようにしている。

        A_3_gaikan

右からフランス:フリーゲート艦「ヴァンレミエール」、オーストラリア:フリーゲート艦「パース」、イギリス:フリーゲート艦「モンマス」

        A_

「モンマス」のブリッジ

        A__2

「モンマス」の煙突のあるシンボルはクラウンか?

            A__3

で、これが「モンマス」の勤務状況確認板というか、IN(船内)・OUT(船外)・DUTY(勤務中)・LEAVE(休暇中)が表示されている。

        A__4

「パース」の船首からブリッジを臨む

        A__5

「パース」の煙突のあるシンボルはご存知、カンガルーである。

        A__6

これが「パース」勤務状況確認板

        A__7

フランスの「ヴァンレミエール」はヘリにもそれとなくエレガントな雰囲気がある

             A__8

ファッションのお国柄だけに制服もうるさそう

まぁ、、こういう催しに来るのはその殆どが軍オタクの男性である。で、それとなく聞いていると「彼は線が2本だから大尉だな」とか「この船は2代目で、初代パースはあれがこうしてどーなった」とかまぁ、詳しい。
少数ながら女性の軍オタクの方々もいて、目を輝かせて船内を歩いていた。

横須賀にいるとこういう外国海軍艦艇に乗る機会が多いが、一番無骨というか驚いたのがロシアの海軍艦艇である。甲板上にやたら突起物が出ていて危なくて普通に歩けないのである。安全に確保された作業通路という概念がないらしい。

ワタクシは軍オタクではない。船が好きなのである。そしてそれぞれの船にお国柄が反映されているを見るのが楽しいのである。

|

« 「SATURDAY IN THE PARK」 | トップページ | バグダッド・カフェ »

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16758714

この記事へのトラックバック一覧です: 外国海軍艦艇オープンシップ:

« 「SATURDAY IN THE PARK」 | トップページ | バグダッド・カフェ »