« 横浜ライフデザインフェア2007 | トップページ | 松輪鯖 »

2007年9月23日 (日)

ご近所探索「上町建築巡り」

下町と上町を結ぶ平坂は軍都としての兵站輸送の関係から明治10(1877)年に開通した。
上町方面には海軍病院、東京湾要塞司令部や陸軍の重砲兵連隊などが置かれた。
また、柏木田遊郭などの遊興の場所もできてきた。それにつれて御用商人や工廠の人達の住宅や商店が出来て上町界隈は発達してきた。

そんな上町にある建物には看板建築と言われている商店が多く残っている。
看板建築とは切妻屋根などの和風家屋で、道路に面した前面を立て板状に立ち上げ、銅板やモルタルなどで装飾的に見せながら防火の役目を果たしている建築様式のこと。
「みどり屋」と「さんき」が有名である。

  A_midoriya  A_midoriya_a

みどり屋
看板建築でも一際目を引く商店で、お祭り用品を扱っている。欄間の色ガラス、漆塗りの柱、ショーケースなども当時のままだという。金庫があるのだが建物と一体になっているらしい。しかも鍵を紛失してしまって建物を一部壊さなければ開けられないという。中には何が入っているのかな?

     A_sanki_2  A_sanki_a

さんき
みどり屋の並びにある三階建てのアンテークショップである。元は旅館だが、各階の銅板の戸袋模様が見事である。

       A_higasinakazato

東中里町内会館
バルコニー部分が修理されているというが、洋風のデザインを採り入れた町内会館は珍しい。

     A_hunatu  A_hunatu_a

船津眼科医院
レリーフが美しい洋風建築。袴越屋根が特徴的で裏側は昔は洋風下見板貼りだったが今では鋼板型板を張った塔状の張り出しがある。昔は風見鶏があったが今はない。ちなみにワタクシはここで視力検査をやってメガネをかけだしたのである。

(写真は後日掲載予定)
榎本写真館
スクラッチタイル張りにアーチ窓が美しい。
豊島小学校のご用達写真館である。

   A_megumi  A_megumi_a
 

横須賀上町教会
めぐみ幼稚園と言った方がこの界隈ではとおる。
昭和6(1931)年竣工の木造教会。設計はヴォーリスの最後の弟子と言われている横田末吉で横須賀市は民間で唯一の国登録有形文化財である。
教会内部も調度品も当時のままでステンドグラスも美しい。リードオルガンは大正末の建造で現役で活躍している。

実はワタクシのムスメがここに通っていた。で、当時園長さんから「ヴォーリスって建築家ご存知ですか?」と尋ねれたことがあるが恥ずかしながら当時のワタクシは知らなかった。話を聞くとこの教会はヴォーリスの最後の弟子が設計したものらしい、ということが調査で分かったという。
そして、その後国登録有形文化財になってしまった。
リードオルガンは定期演奏会があり、今でもその美しい音色を聴かせてくれる。

       A_komatubara_2

小松原医院
白い下見板張りの外壁と縦長の昇降式の窓が古風な医院の雰囲気を出している。

       A_hanada

花田眼科医院
上町ではないが小松原医院のすぐ隣には
丸窓が印象的な医院があった。

       A_yaoya

八百幸本店
これも上町ではないが花田眼科医院の向かいに建っている出桁造りの八百屋である。

|

« 横浜ライフデザインフェア2007 | トップページ | 松輪鯖 »

ご近所探索」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16546811

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所探索「上町建築巡り」:

« 横浜ライフデザインフェア2007 | トップページ | 松輪鯖 »