« 長距離通勤者の孤独「京急は首都圏で一番災害に強い」? | トップページ | 「いまむら」 »

2007年9月 8日 (土)

「横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティスバル2007」

          A_foto

横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティスバル2007」が開催されている赤レンガ倉庫にたどり着く。
一昨年の秋もロバート・キャパの3部に分かれた写真展がここであった。

今世界で何が起きているのか?知りたい人は是非観てください。少なくとも観る前と観た後では人生観が変わります。

戦争や紛争、そして環境破壊などの衝撃的な写真が展示されています。
これが現実なんだと、これら事実を目の前に突きつけられても小市民のオジサンは慄きたじろいでしまう。
いかに我々は平々凡々に暮らしているのだな、と感じる。
そして、小市民のオジサンでも何かしなくてはいけない。もっと現実と向かい合い出来ることはしよう、という気持ちになる。

パネルディスカッションでの主催者の発言
ピューリッツァー賞に選ばれた写真を我々は予選段階で落とした。これはその写真が持っているバックグランドを検証した結果である。
問題のピューリッツァー賞に選ばれた写真だが、一人の女性が権力の象徴である警官隊と対峙している写真である。この女性のバックグランドを調べた結果相応しくないということで落としたという。

フォトジャーナリズムは何を伝え、何を守るのか?
今のメディアがどんな問題を報道しない(出来ない?)のか?
ここにはそれを知る手掛かりがある。

ここで主催者である「DAYS JAPAN」の発受賞作品の一部が見れます
http://www.daysjapan.net/award/award2007/index.html

        A_demio

赤レンガ倉庫の中庭ではマツダのDEMIOのキャンペーンを行っていた。

|

« 長距離通勤者の孤独「京急は首都圏で一番災害に強い」? | トップページ | 「いまむら」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16384041

この記事へのトラックバック一覧です: 「横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティスバル2007」:

» 【 フォトジャーナリズム 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
フォトジャーナリズムに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 13時07分

« 長距離通勤者の孤独「京急は首都圏で一番災害に強い」? | トップページ | 「いまむら」 »