« 商店街プロレス!! | トップページ | ご近所探索「横須賀と芥川龍之介」 »

2007年8月22日 (水)

容疑者Xの献身

         X_3

2005 文藝春秋  東野 圭吾

「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」でおなじみの“倒叙ミステリー”で物語りは淡々と進んでいく。
つまり、最初に犯人が明かされ、主に犯人の視点で物語が展開されていくわけだが、最初の犯人である容疑者Aがいつの間にか容疑者Xに成り代わってしまう。
そして、容疑者Xが容疑者Aに対する深い慈愛に溢れた「献身」がこの物語のキーワード。
容疑者Xである天才数学者の「理論的思考」が「献身」という運命の数式によって証明されていく。

そして極めて「純」な、限りなく深い愛の気持ちが最後には昇華していく、、、はずが、、。

物理学者湯川シリーズの中の素晴しい一冊です。

|

« 商店街プロレス!! | トップページ | ご近所探索「横須賀と芥川龍之介」 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16204492

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

« 商店街プロレス!! | トップページ | ご近所探索「横須賀と芥川龍之介」 »