« ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 | トップページ | 味奈登庵 »

2007年8月 5日 (日)

「広重が画いた日本の風景」

特別展 歌川広重没後150年記念
広重が画いた日本の風景

        A_hirosige

そして、馬車道にある県立歴史博物館では
アノ広重の東海道五十三次の全作品が展示しているというので足を伸ばす。

広重の東海道五十三次は永谷園のお茶漬けの袋の中に入っており、
何度か全セットを手に入れようとしたがことごとく途中で挫折した苦い思い出がある。

まぁ、そんな恨みつらみはキレイに忘れて五十三次の本物をじっくりと拝見する。
やっぱり、大胆な構図と色使いがスバラシイ!
で、よーく見ると人物の顔の表情も面白い。

また、初刷と後刷ではデザインが異なる(背景の山が消えたり、馬の尾の色が違う)経緯や、
広重や版元の名前をさり気なく店の暖簾に入れるなどの遊び心、
そして、商品名(化粧水)を店の暖簾に入れるなどの宣伝も行っていたという。

その他に近江八景、金沢八景なども展示してあった。
それにしても金沢八景は当時の面影がすっかり消えうせているなぁ、と改めて感じた。

お茶漬けのオマケでは絶対分からない本物の東海道五十三次は迫力があり、
一見の価値があると感じた今日この頃である。

|

« ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 | トップページ | 味奈登庵 »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16015728

この記事へのトラックバック一覧です: 「広重が画いた日本の風景」:

» 広重が描いた日本の風景 [Check Bouquet]
最近特別展が絶好調(と私が思っている)の神奈川県立歴史博物館。 またまた行ってき [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 01時58分

« ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 | トップページ | 味奈登庵 »