« ご近所探索「昔の記憶、②砲台山」 | トップページ | ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 »

2007年8月 3日 (金)

「豚と軍艦」

        _a_3

我が家から歩いて5分のところに図書館がある。
最近ではこの図書館でCDやDVD、マンガ本が借りれるようになった。
そして、ぶらりと立ち寄り借りてきた一枚が「豚と軍艦」である。

舞台は終戦間もない頃の横須賀基地前のどぶ板通り。
いいですね。製作されたのは1960年です。
ボンネットバスが走ってます。
懐かしのガントリークレーンの姿も健在。
監督は日活の今村昌平氏。
チンピラ役の長門裕之も兄貴分の丹波哲朗も、
その女房役の南田洋子も若い若い!!
斜陽のヤクザが、米軍の残飯で養豚業を始め
そして自滅していくストーリー。
欲望とエネルギーが迸(ほとば)しってます。
当時は衝撃の映画だったようですが、ワタクシにとってみれば
随所に混沌とした当時の地元「横須賀」の懐かしの場所が 
垣間見られチョット感激なのである。

例えば埋立て前の安浦界隈や大津から馬堀海岸の海岸道路などなど。
養豚場があったのは観音崎付近か?

ラストの豚の大群がどぶ板通りを疾走するのは見ものである。 
実はこのシーンが観たいが為にこの映画を借りたのである。

で、若き日の長門さんですが・・・。
うん、確かに似てる。サザンの桑田にクリソツだ(笑)。

|

« ご近所探索「昔の記憶、②砲台山」 | トップページ | ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16000092

この記事へのトラックバック一覧です: 「豚と軍艦」:

« ご近所探索「昔の記憶、②砲台山」 | トップページ | ご近所探索「昔の記憶③ ベースとオープンハウス」 »