« 観音崎-夏色風景と“海に生きた素朴画家” | トップページ | LOST シーズン2 »

2007年8月16日 (木)

鎌倉の夏“On the beach”、摩訶不思議な空間とラーチャーメン?

             Photo

散歩の達人という雑誌の2007年6月号は「鎌倉 江ノ電」特集であった。
この雑誌はこの時期になると定期的に鎌倉 江ノ電」特集をする。
で、この中に「ちんや食堂」なる怪しげな雰囲気のお店が紹介されていた。

そして猛烈にこの店に行ってみたくなり鎌倉へ向かう。

チョット寄り道して真夏の鎌倉でビーチサイド・ウォーキング&ビーチコーミング。
ビーチコーミングとは浜に打ち上げられたモノを拾い愛でること。

 A_a_yuigahama_b  A_a_yuigahama_c

真夏の由比ガ浜

 A_b_inamuragasaki_a  A_b_inamuragasaki_b 

そして稲村ガ崎から臨む江ノ島

で、ビーチコーミングの結果であるがたいした収穫はなかったが、
携帯電話やら鳩の死骸やらが打ち上げられていた。

  A_b_tinya_omote_2 A_b_tinya_omote_a_2

これが「ちんや食堂」
場所は鎌倉から藤沢に向かった、常盤口交差点そばにある。
存在感がありますなぁ。

 A_b_tinya_tennai_a  A_b_tinya_tennai

 A_b_tinya_tennai_c_3  A_b_tinya_tennai_b_2

店内のディスプレイはご主人の手作りだという。
イヤイヤこれはスゴイ。
テーブルの灰皿はナント!墨壷であった。

     A_b_tinya_ratyamen_2

で、これが店の名物「ラーチャーメン」
辛子味噌のかたまりが載っている。

後で調べて分かったのだがここは定食と餃子がウマイらしい。
特にレバニラ炒めやピーマン炒め定食が評判がよい。
暑さが和らいだ頃、この炒め定食にチャレンジしませう。

ちんや食堂関連プログ
http://www.deci-litre.com/kenkababa/ba22.htm
http://blog.livedoor.jp/oioi2003/archives/50665833.html

|

« 観音崎-夏色風景と“海に生きた素朴画家” | トップページ | LOST シーズン2 »

Foods & Drink」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/16145251

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の夏“On the beach”、摩訶不思議な空間とラーチャーメン?:

» 携帯 灰皿 [携帯 灰皿]
携帯灰皿 [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 08時04分

« 観音崎-夏色風景と“海に生きた素朴画家” | トップページ | LOST シーズン2 »