« アジアカップ2007 日本vsオーストラリア | トップページ | サウスバウンド映画化! »

2007年7月22日 (日)

田浦つづれ歩き

梅雨空も昼過ぎから青空が覗くように回復してきた。
家でボーッとしていてももったいないので、
各駅停車途中下車の散歩に出かける。
ほとんど下車したことがない京急の田浦駅から散歩する。

        A_maturi

今日はたまたま田浦の祭りの日だった。

        B_kyutaurayakuba

旧田浦町役場
大正15年竣工の田浦町役場。
アールデコ風の コンクリート打ちっぱなしの外観は、 大正のものとは思えないほど
モダンで洗練されている。 玄関上部の 大きな半円形の窓が印象的なこの建物は現在では
学童保育施設として利用されている。

旧海軍工廠造兵部跡
現在の東芝ライテック横須賀工場周辺は明治19年から昭和20年まで旧海軍工廠造兵部が
置かれていた。

        C_kijuukoujou

奥に見えるのが旧機銃工場である。

        D_honbu_1

そして旧海軍工廠造兵部本館

        E_hatusden

旧発電工場

        F_gantorikuren

ガントリークレーン
関東大震災前に作られたとされる。

        G_suraigakkou

旧海軍水雷学校跡、現在の関東自動車。

        H_syokuhinko

旧海軍軍需部長浦倉庫
レンガ作りの建物は旧海軍軍需部の食品庫

 I_souko_a I_souko_b I_souko_c

長浦倉庫群

        J_kakou

吾妻川に架かる引込み線の鉄橋

        K_juuji

田浦駅から比与宇(ひよう)弾薬庫(現在米軍の箱崎燃料庫)に向かう線路と
比与宇トンネルからスイッチバックした線路が十字に交差する珍しいポイント

        L_tonneru

比与宇トンネル
列車からの弾薬の積み下ろしはこのトンネル内で行われていた。
このため線路と車道が並ぶ珍しいトンネルだったが、
現在ではトンネル内の線路は撤去されている。
道路に吸収されるように消えていく線路は印象的である。

        M_hakozaki

比与宇トンネルの先にある米軍の箱崎燃料庫

        N_bysstars

そして横浜ベイスターズ総合練習場

        O_anjin_a

安針塚公園

        O_anjin_b

安針塚公園から望む海上自衛隊横須賀基地(手前)と米軍基地(奥)

        P_komonhiruzu

安針塚公園の前にそびえ立つコモンヒルズ安針台
平成5年の竣工で神奈川県建築コンクール住宅部門の優秀賞受賞。

旧田浦町周辺には横須賀近代化の歴史を物語る貴重な歴史的建造物が 多数存在
している。しかし、歴史と共に歩んできたこれらの建造物も、今では当初の建築目的
さえ忘れ去られ、 町の片隅にひっそり佇んでいるだけなのは 大変残念なことである。
これら近代化遺産が適切に保存、公開されることを切に希望しているのである。

|

« アジアカップ2007 日本vsオーストラリア | トップページ | サウスバウンド映画化! »

歴史・考古学」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/15845577

この記事へのトラックバック一覧です: 田浦つづれ歩き:

« アジアカップ2007 日本vsオーストラリア | トップページ | サウスバウンド映画化! »