« 田浦つづれ歩き | トップページ | イン・ザ・プール、空中ブランコ »

2007年7月23日 (月)

サウスバウンド映画化!

サウスバウンド映画化!
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-25501-storytopic-6.html

最近こんなオモロイ小説はないなぁ、思っていたら、ナント!映画化されるとな!
森田芳光監督で10月公開だとかで沖縄ロケがスタートしたというニュースが
先週アナウンスされた。

アカハチの子孫で伝説の活動家上原一郎に豊川悦司(45)、妻を天海祐希(39)が演じる。
こりゃ~面白そうだ。
小説では「ナンセンス!!」、「年金払わない」「国民やめた」とほえまくっていたが、
劇中でも同様にほえているらしい。
そして元闘争のマドンナに天海祐希ですか、キャラ的には二人ともはまり役だと思う。

10月は「サウスバウンド」で11月が「続・三丁目の夕日」の公開とは、
今年の秋は邦画が楽しみである。

-------------------------------------------

サウスバウンド

     Photo_49

いや~、この本オモロイです!

こんなに痛快無比で愉快爽快な小説は川上健一の
「跳べ!ジョー、BBの魂が見ているぞ!」以来である。

全編を通じて大人の身勝手さで翻弄される小学生12年生?が
実にイキイキと描写されている。
その大人とはアカハチの子孫でアナーキストの父親と元御茶ノ水の
ジャンヌ・ダルクと呼ばれた母親である。

で、、何故小学生12年生なのか?本当は6年生なのだが、
妙に大人じみた言動と行動がこの小説の行間に隠れている作者の
想いと読者の期待というツボにものの見事にハマっていて、
まさに小学校12年生なのである。
そしてそれがフツーに自然なのが実に心憎いのである。

東京での日常と非日常、そして沖縄での風と光、そして影、
そしてプリミティブな想いと愛、そして自然と破壊が織り成す
壮大なロマンを染み入るように堪能できる。

読書というのは一級のエンターティンメントであると、
こういう本に出会えるとつくづく思うのである。

|

« 田浦つづれ歩き | トップページ | イン・ザ・プール、空中ブランコ »

Books」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/15433459

この記事へのトラックバック一覧です: サウスバウンド映画化!:

« 田浦つづれ歩き | トップページ | イン・ザ・プール、空中ブランコ »