« ジャカランダの花 | トップページ | UDON »

2007年7月 1日 (日)

鎌倉-建築 「温故知新」

鎌倉を彷徨い歩いていると様々な建築に出会える。
有名もの、無名なものそして古い建築、新しい建築。

春に鎌倉祭りの一端で鎌倉にある景観重要建築物が
一般公開されたがそれ以外にも鎌倉には心情をくすぐる建築がある。

               Fff_7

毎日新聞販売所
鎌倉ならではの佇まいの販売所

            0_hosinoi

極楽寺切通しを下った星ノ井の前にある住宅

            0_hakujitudou

白日堂
昭和15年に鎌倉彫の工房兼住宅として建てられた。
城郭風と寺院風のミックスされた意匠。

            0_amanawa

甘縄神明神社の前にある住宅
クラシカルな洋風な佇まい。

               0_kodomokan

鎌倉市長谷子ども会館
明治41年に福島浪蔵氏邸として建てられた。
明治期の住宅建築の貴重な遺構である。

            0_toumado

吉屋信子記念館のそばにある塔窓の家
採光のための塔状の窓が5つが2列ある

            0_sunsyoudou

寸松堂
鎌倉彫の店舗併用住宅として昭和11年に建てられた。
笹目町、長谷界隈のランドマーク的建物。

               0_bank_1

THE BANK
もともとは横浜興信銀行由比ガ浜出張所。
病院、雑貨商などを経て「THE BANK」というバーになった。

            0_taiseikaku

旅館対僊閣(たいせんかく)
昭和2年に建てられた旅館。創業は明治末期。
鎌倉における戦前の和風旅館して唯一の存在。

            0_kaihinsou

かいひん荘
大正13年、富士製紙社長の村田一郎氏邸として建てられた。
現在では「かいひん荘鎌倉」として活用されている。

               0_katamotijutaku_1

由比ガ浜にある片持ちスラブで形成された住宅
不安定そうだがこれだけスラブの厚さがあれば大丈夫。

               0_anpo

旧安保小児科医院
大正13年医師の安保隆彦氏によって建てられた。

               0_anpo_naibu

旧安保小児科医院の内部
当時のままの医療器具が残されている。

|

« ジャカランダの花 | トップページ | UDON »

建築」カテゴリの記事

逍遥雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/15619565

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉-建築 「温故知新」:

« ジャカランダの花 | トップページ | UDON »