« 鎌倉の紫陽花巡礼 | トップページ | ご近所探索「道路元票」 »

2007年6月17日 (日)

三浦岩礁の道

今日もほどよく快晴である。
久しぶりに磯の風と香りを感じたくなり
剣崎(つるぎざき)~毘沙門~盗人狩(ぬすっとがり)~宮川湾というコースを歩く。

歩行距離約8km、歩行時間は約3時間、ということだが、岩礁歩きは結構疲れる。

                   A_toudai

                        剣崎灯台

  A_iwa_a A_iwa_b

  A_iwa_c A_iwa_d

剣崎や毘沙門は訪れたことがあるが盗人狩は初めてだ。
そして岩礁伝いに歩いてみて驚いた。
盗人狩の猛々しい岩の姿はまるで断層が海に突き刺さっているみたいだ。
へ~、三浦半島にも未だ見ぬ光景があったのか。
剣崎の岩礁も似たような形状だがだいぶまろやかで猛々しさはない。

この地質は三崎層群で、深海の底で作られ、
マントル対流にのって沈み込む太平洋側プレートがぶつかり、
その衝突による堆積物がこの地層だという。
年代的には1200万~400万年前で
そのほとんどは海底火山の噴出物だという。

ちなみに盗人狩は「かながわの景勝50選」にも選ばれている。

そして名前の由来は、
あるとき、盗賊のひとりが追われてこの絶壁の上まで逃れてきた。
しかし、崖の下からは異様な物音が聞こえ、ふと下を見ると、
吸い込まれるような絶壁と、逆巻く激波がぶつかり合っている。
そのあまりにも恐ろしい光景のたに、足がすくんで動けなくなった盗賊は、
たちまち追っ手に捕らわれたという。

潮の香りをイヤというほど身体中で感じたのでお口はもう魚介類を求めてパクパク状態。
三崎でマグロを食べようか、とも考えたが観光客でごったがえ状態。

素早くパスしてビールを飲みつつ電車で地元、横須賀中央まで出て行きつけの寿司屋で
遅めのランチを頂く。

|

« 鎌倉の紫陽花巡礼 | トップページ | ご近所探索「道路元票」 »

ハイキング&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/15467527

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦岩礁の道:

« 鎌倉の紫陽花巡礼 | トップページ | ご近所探索「道路元票」 »