« 初夏の鎌倉 | トップページ | 陸上自衛隊武山駐屯地一般開放 »

2007年5月26日 (土)

「中世の都市と三浦一族」

三浦一族研究会 記念講演会
「中世の都市と三浦一族」

ヨコスカ・ベイサイド・ポケットにて中世(鎌倉・室町時代)の都市と
三浦一族の関係について、東大准教授・高橋慎一朗氏の講演があり拝聴する。

年会費1000円也を払い会誌や資料を入手する。
(無料で聞けるのだが、やはり資料は欲しい)

               Miuraitizoku

講演の主な内容は鎌倉のどこに三浦一族は土地を所有していたのか?
そしてその背景や根拠は何か?

そして最近の研究では京都にも土地を所有していたことが判明しているので
その説明などである。

               Sugimotodetra

おりしも午前中鎌倉を歩いており、途中で立ち寄った「杉本寺」周辺が三浦一族の所領だと知った。
ちなみにこの寺は鎌倉でもっともふるい寺で別名「杉本観音」や「大倉観音堂」ともいわれている

そして釈迦堂や亀谷から由比ガ浜辺りも所有していたらしい。

要するに鎌倉の東西南北に走る主要交通路の拠点を所有していたことになる。

鎌倉幕府内での重責ぶりが伺えるのだが・・・・
宝治合戦ではあっさりと一族郎党500余名が法華堂で自害している。

歴史とは現代の感覚ではわからない何かがある。これが面白いのである。

|

« 初夏の鎌倉 | トップページ | 陸上自衛隊武山駐屯地一般開放 »

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/15211348

この記事へのトラックバック一覧です: 「中世の都市と三浦一族」:

» 華麗なる一族 結末 ネタバレ [華麗なる一族 結末 ネタバレ]
華麗なる一族 結末 ネタバレに関する情報です。お役に立ちましたら幸いです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 21時50分

» 鎌倉 [最近の出来事]
トラックバック宜しくお願いいたします [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 22時26分

« 初夏の鎌倉 | トップページ | 陸上自衛隊武山駐屯地一般開放 »