« 東京ミッドタウンの庭園風景 | トップページ | 鎌倉まつり »

2007年4月 7日 (土)

ロバート・キャパとマグナム

六本木から恵比寿まで裏路地を散歩しながら歩く。

Ddd_2
恵比寿はガーデンプレイス内にある東京都写真美術館でやっている「TOKYO-マグナムが撮った東京」が目的。

ワシは隠れキャパ・フリークです。 キャパというと戦争カメラマンという先入観があるが、、、まぁ、報道カメラマンとして五つの戦争を取材したので、その通りである。 でも、戦争以外でもよい写真を多く残している、また弟のコーネル・キャパとの精神的コラボのキーワード「非戦争」そして「子供」ではよい写真多いです。

で、、その彼が作ったのが国際写真家集団「マグナム」である。 その「マグナム」が1950年代から2000年代の東京を撮った写真展。

狂乱の1990年代からの一連の写真は身につまされるような今風な写真。

Kkk_1
やはり昔のキャパがいい。
昨年、横浜でやったキャパ展のほうがいいな、としみじみ感じた今日この頃である。

Fff_2
テラスではジャズライブあり。

|

« 東京ミッドタウンの庭園風景 | トップページ | 鎌倉まつり »

文化・芸術」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/14806972

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・キャパとマグナム:

« 東京ミッドタウンの庭園風景 | トップページ | 鎌倉まつり »