« 皆 どこにいった? | トップページ | 安藤忠雄の悪戦苦闘 »

2007年4月 6日 (金)

真夜中の神話

Photo_10

この本は面白いのだろうか?などという疑問など微塵も無く、
そしてアノ真保裕一が駄作など書くわけがない、
という強い信念の元に読み始めたのだが、、イヤイヤ、ガックシである。
こうも見事に期待を裏切られると逆にサバサバしたりする。

徹底した取材に裏打ちされた緻密なストーリー展開がウリで読者はそれに酔い、
読書後の高揚感が楽しみで彼の本を読むのである。

今回も「吸血鬼伝説」やら「アニマルセラピー」やら
「ボルネオの首狩族」やら「二つの異様な殺人」というキーワードで
散りばめれたストーリーなのである。

これは彼の技量をもってすればトーゼン面白いはず、、
なのに見事に面白くない。

始まりは航空機の墜落、(ウァーこれは面白そうだ)、、、
しかし、その後は謎が謎を呼ばない肩透かしのようなストーリー展開のお話である。

|

« 皆 どこにいった? | トップページ | 安藤忠雄の悪戦苦闘 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/14856071

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の神話:

« 皆 どこにいった? | トップページ | 安藤忠雄の悪戦苦闘 »