« トゥモロー・ワールド | トップページ | 死神の精度 »

2007年4月10日 (火)

古代マヤの遺跡

日曜の夜、何気にテレビを見ていたらなにやら見覚えのある風景が写っていた。
密林の中にそびえ立つピラミッド。このピラミッドの形はマヤだ。

番組はTBSの世界遺産で、場所はメキシコのウシュマルだった。

ワシは20年以上前にここを訪れている。
マヤの遺跡はこの他にもチチェンイッツァ、ツルム、そしてコパンにも行ったことがある。
特にコパンはその時に在住していたホンジュラスにあったので思い出深い。

ウシュマルもチチェンイッツァもユカタン半島のメリダという町が拠点になる。
で、、このメリダという町にマヤ時代の洞窟を利用したディスコがあった。

ここは凄かった。
照明設備がほとんどなく(裸電球)、暗い。そして洞窟の壁面には蛍光塗料でシュールなウマヘタ絵が描かれていて、ディスコ特有の大音量が鳴り響く薄暗い空間の中で洞窟の岩肌に描かれたウマヘタ絵がボーッと浮かび上がるのである。
これは、薄ら気持ち悪い。

そして、ワシが遺跡巡りする時は決まって天候が不順なのである。
雨が降りそうな薄暗い密林の中を遺跡巡りするのである。
これもあまり心地よくない。
どうやらワシの記憶の中では、マヤの遺跡=薄ら気持ち悪い、という図式が出来上がっている。
で、、真剣にテレビを見ることもなくそのまま就寝と相成った次第。

Photo
唯一、マヤの遺跡で感動的に絶景だったのがツルムである。
ツルムではカリブ海に面する断崖の上に、海と空の輝く青を背景に遺跡がそびえ立っているのである。
実に、スッキリ、ワンダホーな眺めで「カリブの熱い夜」なんて映画のロケ地でもある。

Photo_1
ちなみに失踪した女(レイチェル・ウォード)はコスメルから船でツルムに行くのだが、ワシの記憶では船では行けないはず、、なのだが、、行けるのかな? ワシらはカンクーンからレンタカーで行ったはず、、 なんてことをつらつらと思いふけっている今日この頃である。

|

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 死神の精度 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210831/14807420

この記事へのトラックバック一覧です: 古代マヤの遺跡:

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 死神の精度 »